Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

とあるオジサンのサンデー図工(iPad mini SmartCover)

雑記

夜更かしてインターネッツばかりみてる不健康なオジサン達。こんばんわ。今日はそんな良い子のオジサン達のために、オジサンが久々に図工してみた話を書くよ。

きっかけ

オジサンは 最近 iPad mini 用のケースを買いました。 monCarbone Mini Smart Mate てヤツです。

これで iPad miniタンの背面が洒落乙になってよかったなぁと思ってたんですが、肝心のフロントのカバーが Apple謹製のSmartCoverでしかも黄緑という残念な事態が発生。

f:id:tell-k:20130707235533j:plain

謹製かどうかは置いておいて黄緑が微妙すぐるので思い切ってフロントも新しいのにしようと思い立ちました。

SmartCover 探し

できればSmartCoverと同じ感じので、monCarboneにあう感じのがいいなぁというの探し始めたんですが、このSmartCoverってヤツはAppleが特許を取得してるので、Apple以外からは基本出されてないという状況。 一応 それっぽいのがありますが、特許侵害してるかも?てのと、ちゃちいというのを見かけたので、謹製で売ってるブラックにすればいいかなと思い、AppleStoreまで足を運んでみる事に。

AppleStoreについて「風呂フタの黒。風呂フタの黒」とつぶやきながら、アクセサリコーナーにいって、SmartCoverのブラックを手に取ってみると「あれ?これ黒じゃない?濃い灰色や。僕の求めてるのと違う」という事で早々に退散

自分で作ろう

というわけで今ある黄緑のださい風呂フタをケースに合わせるために自分で作ろうとと決心しました。今考えてみると、僕は探してる途中から、最適なものを探すという目的から逸脱して、「自分でつくる」という方向に無意識的に自分を誘導していたように思います。

「手段の為ならば目的を選ばないという様などうしようもないオジサンも確実に存在するのだ。つまりはとどのつまりは我々のような」

準備

という訳で、東急ハンズっていうお洒落スポットで、以下を購入

  • ラッカースプレー(つや消し黒)
  • 3M ダイノックフィルム カーボン(CA-421)

最近はこんなお洒落シートが気軽に手に入るですね。

黄緑の風呂フタを黒く塗る

ベランダにビニールを敷いて、風呂フタを寝かせて、ラッカースプレーで黒くする。割と均一に塗るのが難しくて、変なムラが残ってしまったのが残念。

スプレー使う時は、マスクと軍手とか、汚れてもいいTシャツとかでやるんだょぉ。

カーボンシートを貼る

ラッカースプレーで乾いたのを確認したら、風呂フタの三つに出っ張ってる部分に、いい感じで切り取ったシートを貼る。

風呂フタの上にA4の紙を置いて、指でなぞって型紙ぽいのを作って、それに併せてシートをカッターで切ると旨く切れた。とかいいつつ雑な出来になった事は内緒だ。

完成

f:id:tell-k:20130708011758p:plain

f:id:tell-k:20130708011720p:plain

f:id:tell-k:20130708011835p:plain


や。。やったよ。ワクワクさんと天国のノッポさん(死んでない)! 僕にも出来たよ!!!

と胸張って言えれば良かったが、近くで見るとすごいちゃちい、すごい安っぽい、しかも風呂フタをスタンドにしようと折り畳むと随所に黄緑の亀裂ガガガ。。。もうやだ普通のSmartCoverの黒買おう。。。orz

結論

ラッカースプレーを綺麗に塗るのむずいから、もっと別の塗料的なものを吟味した方が良かったなぁと思った。

まぁインターネッツしかしないオジサンもたまに図工とか思い出してやってみると、案外楽しいもんですね。enchantMoonとか発売されたら当初はアクセサリ用品とか少ないだろうから、こういうオジサンが増えるかもしれない。

おわり。